簡単な施術で簡単に取り除くことのできる施術

サイトメニュー

できる箇所の違い

女性

ケアを忘れない

人間の体には突然自分の意志とは関係なく異物ができることがあり、その中でも「いぼ」はやっかいで有名なものです。病院やクリニックなどで処置することができるので、深刻ではありませんが「いぼ痔」などに代表される切除手術では気をつけることがあります。手術をする前には体内に残っている便を出さなくてはいけないので、便意を促進させるように座薬を使うために忘れないようにすることです。さらに当日は食事も気をつけなくてはいけないのは、だいたい6時間前には何も食べない状態を作っておくこともあります。いぼ痔の切除手術をした直後は入浴なども控えることも必要になりますが、理由としては体内の血流がたくさん巡ってしまうと痛みに繋がってくるからです。そうならないように日常生活でやっている入浴も控えることが大切で、手術後のケアに気をつけないといけません。術後2日目以降は湯船に入っても問題がありませんが、ガーゼなどを使って出血している部分を常に清潔にすることもやっておくことです。
男女関係無く悩みになる「いぼ痔」にはいくつかの種類があり、切除するかしないかなど治療方法も変ってきますしできやすい箇所にも違いがあります。どのようなものがあるのかというと、直腸側にできるのが「内痔核」となり痛みがそんなにないために、いつの間にか出血をしていることも少なくありません。突出して出てきてしまうと痛みが出たり出血が目立ってきたりしますので、自分の痔に対して自覚がでてくることになります。もうひとつが「外痔核」があり、箇所的にも皮膚側に出来ることからわかりやすい症状になっていることがわかります。いぼ痔の症状としては今まで普通だったのに突然脹れてきて、あきらかな痛みが出てきますので、自分の異変に気がつきやすいです。手術によって血栓となっている部位を切除することがありますし、早い段階ではすぐに手術をすることが可能なので手軽に完治させることもできます。最後に肛門のふちにできる皮膚の突起物が「肛門皮垂」といわれる症状で、触ってみたり見た目だったりでは出っ張っていますが痛みを伴うことがありません。