簡単な施術で簡単に取り除くことのできる施術

サイトメニュー

美容クリニックの目的意識

鼻を触る女性

傷跡を残さない処置を施す

体にいぼができた場合は最寄りの皮膚科にいくとその日のうちに切除してもらえますが、顔にできた場合は美容クリニックを紹介されることがあります。そうやって皮膚科クリニックに紹介された病院であればまず問題なく、どこに行けばいいのかわからない初心者の場合はとりあえず皮膚科を受診しましょう。皮膚科と美容クリニックの違いというのはとにかく美容を優先する、つまり治療が完了した後の見栄えを優先していることを理解しておくべきです。美容クリニックは別に皮膚科の上位互換というわけではなく、炭酸ガスレーザーなど高価な治療などもできるところとなっています。安く、早く治療するのではなく、より丁寧な治療を求める人が利用するのが美容クリニックであることを知っておくと、より効率よくいぼの切除が行えるでしょう。いぼの切除自体は割と簡単にできますが、足の裏にできる魚の目などのように液体窒素で固めて除去しようとすると傷跡が残る可能性があります。そのため顔にできたいぼに対しては皮膚科で簡単にとってもらおうとせず、美容クリニックの利用を選択肢に入れておきましょう。
いぼはウィルス性などの場合は簡単に切除してしまうわけにはいかないので、炭酸ガスレーザーなどで焼くか、内服薬などを使用していくことになります。基本的に切除した傷跡は普通のけがと同じ感覚で問題ありませんが、厄介ないぼだった場合は痛み止めなどが処方されることもあるでしょう。アフターケアで意外なことをするようにと指導されることもあるので、手術が終わったからと油断せず、しっかりと医師の言うことを聞くべきです。あまりないことではありますが、悪性のいぼの場合だと再発、さらには転移して顔全体に広がってしまう可能性もあります。そうならないように、服用するべき薬はしっかり飲み、塗るべき薬は医師に言われたように塗るようにすることが大切です。この後々の術後の処置で気を抜いて、結局治療期間が長引いた挙句に予定以上の出費になってしまうこともあります。ただのいぼだから切除してしまえばもう終わりと軽く考えず、完全に顔から消え、医師の診断でも問題ないといわれるまで気を抜かないようにしましょう。